billingual


 
フェイスブック
 
オーダー
 
オリジナル額装
 

ブログ紹介

携帯ページ

好評 作品

インテリアを演出する書道アート
好評 作品
 
オーダー作品
 
オーダー作品
 
好評 作品
 
オーダー作品 参考写真
 
ジャパニーズモダン額装
 
オーダー作品 『 絆 』
 
好評 作品
 
ジャパニーズモダン額装
 
デザイン額装
 
書道アート

HOME»  Contents»  筆使いのコツ!

筆使いのコツ!


■ 西村春斎 筆使いのコツ!


A 頭を使う
 まずは頭( 大脳 )を第一にうまく使うことです。と言うことは、筆も頭を上手く使う。
 ( 筆を持つ手は、外に出た大脳 )筆頭を前後左右に傾けて書くと、面白いほど楽しい線が生まれます。

  1.紙を筆で切るつもり。 ・・・ (鋭い ) ・・・ 筆頭は直上
  2.紙をやさしくなでる。 ・・・ (奇麗で暖かい ) ・・・ 筆頭は斜め
  3.紙をこする。 ・・・ (力強い ) ・・・ 頭筆は思いっきり倒す


春斎の筆使い春斎の筆使い



B 筆の種類と持ち方で意外な発想
 筆に添える指の本数を変える

  1.親指と人差し指の2本
  2.添える指を1本から4本
  3.わしづかみ
  4.親指だけを上に向けていく
 色々な筆の持ち方と筆の種類の変化で書のイメージが変わることが楽しい


春斎の筆使い春斎の筆使い



C 筆は八方美人
 筆の穂先ほど、人の心と同じ思いと動作ができるものはないでしょう。
 それは 穂先は、どの面が紙に接しても、みな美しい字に書けるからです。


春斎の筆使い春斎の筆使い



D 字はラブレターを書くことから始めてみよう!
  1.決して上手に書こうと思わなくていい
  2.相手に想いを込めるだけで、自然ときれいな字(心を動かす書 )が出てくるものです。
     そこには恋する人への感情が文と書に素直に表現されるからです。

春斎の筆使い